先輩社員インタビューcase.01:スタッフの誰よりもリーダーの私が一番ポジティブでいたい。Kastane梅田HEP FIVE店 店長 伏見夏樹 先輩社員インタビューcase.03:スタッフの誰よりもリーダーの私が一番ポジティブでいたい。Kastane梅田HEP FIVE店 店長 伏見夏樹

志望動機は?

説明会で見た笑顔とメッセージに強く惹かれて。

イメージ01 就職活動をしていたときに、アパレルとウェディングに業種を絞り込んでいました。この二つに共通しているのは“人に喜んでもらえる仕事”ということ。それで、たまたま参加してみたアパレル業界の合同説明会に、パルがブースを出展していたんです。
そのときに目にしたのが、パネルに写っている先輩スタッフのたくさんの笑顔の写真と、“SMILE IS POWER”というキャッチコピー。この二つにすごく惹かれたのを、今でもはっきりと憶えています。当時はmysticやCiaopanicなど、パルのなかでも一部のブランドしか知らなかったんです。しかもパッと見ただけなのに、社員の笑顔に吸い寄せられたし、力強いストレートなメッセージにも、すごくワクワクして。そのときに、この会社なら私がずっとやりたいと思っていた“人に喜んでもらえる仕事”を思いっきりできると直感しました。ほかのアパレルも資料を見てはいたけど、実際に受けることはなかったですね。それくらい、笑顔の写真とメッセージに惹かれたんです。

現在の仕事内容は?

笑顔を絶やさず、接客とスタッフ教育に励んでいます。

1年目は地元である広島店に配属され、そこから大阪のHEP FIVE店、大宮店、千葉店と渡り歩き、店長として再びHEP FIVE店に戻ってきました。私が考える理想の店長像は、“誰よりも一番ポジティブでいること”。ネガティブな気持ちって周りに伝わってしまうから、お客様はもちろん、スタッフにも常に笑顔で接するようにしています。千葉店でも1年間、店長をさせてもらいましたが、今のHEP FIVE店はスタッフの数も多いので、指導・教育に関してはチームスポーツのような感覚で取り組んでいます。例えば朝礼などで、「全員が攻めてばかりだと守りが手薄になって点を取られる。攻めているときでも、必ず誰かがフォローに回ろう」といった話をしたら、みんなの連携プレーがすごく良くなりました(笑)。店長経験も長くなってくると、スタッフのタイプに合わせて、モチベーションを上げる話ができるようになりましたね。
もう一つ心がけているのが、“共感力”。お客様の共感を呼び起こす力です。たとえ常連のお客様であっても、Kastaneだけではなく、いろんなお店にお買い物に行かれます。そのなかで、お店として、店員として、そのお客様にとって「特別な存在」となるためには、どうしたらいいか? 常にそんなことを考えています。そうして考えたときに、「自分のことをよくわかってくれる」「話が合う」といった、互いに共感し合える存在になることなのかな、と思ったんです。だから、お客様に相対するその瞬間ごとに、その方の気持ちになって接することを大事にしているし、自分の気持ちも上手に伝えて、分かり合える存在になることを目指しています。

この仕事のやりがいは?

“ハッピー”を販売していると実感できること。

イメージ02 入社から4年ほどが経ち、販売の仕事は最新のファッションを提案するだけでなく、お客様のライフスタイルを彩ることなんだと、日々実感しています。お客様にお勧めした商品をご購入いただき、その後お会いしたときに「ここで買った服を着ていたら、友達にかわいいねって褒められることが増えたよ」とか、「新しい出会いがあった!」なんてお話を聞くと、お客様一人ひとりの生活にも確実につながっているんだなと、嬉しくなりますね。ちょっとしたことかもしれないけれど、私たちはお客様の生活や人生を、より素敵にするためのきっかけを作ることができる。ファッションだけでなく“ハッピー”を販売している。この想いこそが、私のやりがいです。
もう一つのやりがいは、パルの後押ししてくれる社風。頑張っている人には、さらに成長するための環境とチャンスを与えてくれますし、意欲のある人を引き上げてくれる社風があります。パルじゃなかったら、私はここまで頑張ってこられなかったかもしれません。

これからの目標は?

スタッフと一緒に、Kastaneの魅力を広めること。

イメージ03 メンバーを成長させること。これがHEP FIVE店の店長として課せられたミッションでした。店長が何でもかんでも口を出すのではなく、スタッフ一人ひとりが気付き、自ら動き、結果を出せるようになることが目標です。“気付き、自ら動く”まではできるようになっていますので、今後は彼女たちの成長が、他店のスタッフの刺激となって、良い波及効果が生み出せればいいなと思っています。さらに私自身も、店長として1店舗をマネジメントするだけでなく、SV(スーパーバイザ―)というポジションにステップアップして、エリア内の複数のショップを統括し、スタッフを教育・指導していきたいと考えるようになりました。そうして、もっと広い範囲で物事を考え、ブランド全体をより良くしていけたら、と思っています。
私は、入社時から今までずっと、Kastaneの大ファンなんですが、この数年で知名度もぐんと上がり、人気ブランドに成長しました。大好きなブランドとともに成長していると実感できるなんて、すごく幸せだと思います。ステップアップするごとに、責任も大きくプレッシャーも感じますが、スタッフみんなと一緒に、素敵な笑顔でKastaneの魅力を広めていきたい。それが、私の変わらない想いです。

成長を後押しするロールプレイング大会

パルでは半年に一度、ロールプレイング大会を行っています。ブランドごとの選抜スタッフが出場するんですが、予選を勝ち抜いた十数名が本大会に進み、役員や店長が集まる全社大会の舞台上で接客します。私も入社3年目、大宮店でサブ店長を任されていた頃に出場し、プラチナ、ゴールド、シルバーの中からゴールド賞をいただきました。1年間、優秀な販売員の証としてバッジを付けて店頭に立てたことは本当に誇らしかったですし、その年の春に一週間の海外研修に連れていってもらったことは、とても貴重な経験になりました。当時、店長と一緒に大宮店全体の接客に力を入れていた時期ということもあり、スタッフと集まって練習したりもして、お店全体の接客力を高められた良いきっかけにもなりました。そのときの大会のテーマが「印象に残る接客」だったんですが、“どれだけ共感の言葉をお伝えできるか”が重要なんじゃないのかと、その言葉をすごく考えたきっかけにもなりました。あのロープレ大会に出場できたことが、私の基盤になっているのかなと思います。

  • Kastane
  • SHOP BLOG
  • パルグループ新卒採用情報Facebook

ある1日のスケジュール ある1日のスケジュール

AM8:30AM 8:30

起床。HEP FIVE店に来てから遅番が多いので、朝は割りとゆっくりしていますね。

AM11:30AM 11:30

自転車で通勤。週に一度、お店に行く前に本社に立ち寄ります。強化アイテムの参考として、去年の今頃は何が売れていたかなどをチェックします。

AM12:30AM 12:30

HEP FIVE店に出勤。私を含めて遅番のスタッフが全員出勤してから、半分の人数ごとに朝礼をします。朝礼は早番、中番、遅番の出勤のタイミングに分けて一日に3回行っています。

PM1:00PM 1:00

店頭に出て接客を。落ち着いている時間帯であれば、アイテム構成比や去年の売上を確認しながら、商品のレイアウトを変えていきます。教育の一環にもなるので、レイアウト変更はスタッフにもやってもらっています。

PM4:00PM 4:00

夕方から夜のピーク時に入る前に、遅めのランチ休憩。遅番のときは、いつもこの時間帯です。

PM9:00PM 9:00

閉店して、レジを締めた後に遅番の終礼を行います。朝礼と同じく早番、中番、遅番のスタッフそれぞれで終礼を行います。店頭に立っている時間によって感じることが違ってくるので、一日3回に分けて、全員からヒアリングするように心がけています。

PM10:30PM 10:30

真っ直ぐ帰る日もありますが、仕事帰りにスタッフを誘ってゴハンを食べに行くことも多いですね。

AM1:00AM 1:00

ゆっくりとお風呂に浸かって疲れを取って、毎晩1時には寝るようにしています。

  • Kastane
  • SHOP BLOG
  • パルグループ新卒採用情報Facebook